​2月

2019/02/19

​今日は今年一番月が接近するスーパームーンの日だったそうだ。あいにくの雲と雨で月は全く見えないけれど、とても会いたいと思っていた人にばったり出くわした。たまにびっくりするタイミングで知り合いに会うことがあるけれど、今日はたぶんそれのうちの一つだろう。一年に1回か2回くらいそういうミラクルが起こるのは、運がいいんだろうと思う。ちなみに新しいアトリエから駅まで歩くとどのくらいかかるのか実践していたら道がわからなくなってしまった。まさか大学の周りで迷子になっていたとは誰にも言えず、この恥ずかしさはこの日記に残しておこう。王様の耳はロバの耳!

2019/02/18

​新しいアトリエに引っ越し完了。

2019/02/16

​アトリエの移動のために荷物をまとめてはゴミを捨て、荷物を仕分けてはゴミを捨て、を繰り返す毎日になっている。汚れているものはきれいにしたり、面倒くさくなったら箱にそのままつっこんでしまったり。4月から環境がそれなりに変わるので今のうちに道具とかを整理できるのはちょうどよかった。2月の前半は大学の入試業務があったが、それも終わってホッと一息。

2019/02/10

​普段絵を描く時のくせで、人に説明するためにイラストタッチで描くことが多くある。しかし実際には悩みの重さを感じたり、体のどこの部分に膿がたまっているような感覚を持ったりと考え事の形は特に定まっていない。時々色だけ出てくることもある。不思議とそういう感覚を紙の上に再現しようとするとイメージはどんどん逃げていく。作家は漁師とか、格闘技とか何かをタイミングを見計らってしとめる動物と近いのかもしれない。空の写真はとりあえず​並べたらきれいかと思い置いてみた。

2019/02/09

​北海道は記録的な寒波とのこと、マイナス30度の世界とは、、東京もそれなりに寒く、今年初めての雪が降った。長靴で出かけたけれども中が濡れてしまった。いくつになっても雪が降ればうれしいし、はしゃぎたくなる。​犯罪防止用の為か、鷹の台の玉川上水は夜に青いランプがつくのだけれど、それが雪を照らし出していて幻想的だった。反対に八百屋の店頭は暖かい光でなんとなくほっとする。

2019/02/05

​​昨日は20度で暖かかったけれど今日は10度くらいで寒かった。そんな日の帰り道にかぎって一緒に帰る人と長話をしてしまったり、その話がすごくはまって大切なことだったりしてますます帰れなくなり、結局最後の分かれ道でずーーっとしゃべり続けてしまうことがある。今日はそういう日でした。

© 2018 Matsuo Honami