​4月

真夜中にアップルパイを作る。なかなか時間がかかってしまう。

ここ一週間展示のために石を彫っているが、久しぶりに使う道具のせいかなかなか疲れが取れなかった。慣れてきたおかげか今日は元気。元気すぎて0時半にアップルパイを作っている。2018/04/29

​電話する時や居酒屋にいる時、手元にある物をいじってしまう癖がある。2018/04/23

​宅配便、見なきゃ行けない書類、作らなきゃ行けないデータ、、たまる。明日消化します。

今日は夏のように暑かった。夏の初めは十代の時の甘酸っぱい気分になる。毎年なるのでおそらく

ずっとそうなると思う。しわしわのおばあちゃんになっても。2018/04/22

​イワシに塩こしょうしてオリーブオイルにひたしてオーブンで200W20分焼くだけですばらしい夜食ができあがる、、!今日はワインもちょっとだけ。次はフランスパンに油をひたして食べてみたい。アルパカのマークのお酒。食べるのもいいけど最近はプールに行きたい、、!市民プールをさがしてみようか。2018/04/21

​ 私が「はまる」ものはいつも漫画から始まる。

​フランス王アンリ4世やプロテスタントとカトリックの血なまぐさい戦いにしびれている時はたいてい王妃マルゴ(萩尾望都)を読んだ後だし、塾をさぼって(もう時効?)駆け込んだ図書館では横山光輝の伝記漫画を罪の意識と一緒に読みふけっていた。小学生の私には難しくて縄文時代と弥生時代ばかりねっとりと眺めていたのだけど、、ベルバラを読んだときに遠藤周作の原作の存在を知り、物語が二重にも三重にもおもしろくなった。

 

 自分の持っている知識の2分の1以上は漫画で読んだものでできている。そして漫画の受け売りの知識からいろんなことに興味がわくようになった反面、自分の考えで何かを深く掘り下げていくのは少し苦手になっているように思う。あとは熱しやすく冷めやすい性格のでなかなか興味が続かなくなってしまう。

 ここ数ヶ月は、野球のことが気になってルールとかをしげしげ眺めている。野球漫画のタッチなどは垢で汚くなるくらい読んだが、最近の「なんしょんならお義兄さん」(ざわさんの続編!?)「八雲さんは餌付けがしたい」「湯神くんには友達がいない」は、まさに私の中でどストライクであり、落語や料理にはまりそうなのもこの漫画のせいである。私の予想では野球そのものへの個人的なブームは長く続かないが、野球が含む何かは、確実に私を惹き付け続けると思う。ちなみに「八雲さん〜」の主人公は「大和翔平」。大谷君じゃないですかこれ、、まさか野球ブームをみこんで作った漫画に踊らされているのか、、それでも踊るよ私は。

と、今日は漫画愛を語ってしまったが、原作の本をそのまま(としか見えない、、)こだわりなく漫画にしてしまうのはあまり好みではない。血や肉があるものが好きだ。だからチームワークの必要な頭脳ゲームのように見える最近の美術についていけていないのか、いやいや、、2018/04/20

​ 4月上旬にやや体を壊していた。ついでに心も若干弱っていた。特にとても苦しい訳ではないが、風邪をひいた上に搬出をかぶせてしまい、まさかの車酔いと腹痛に苦しめられた。(腹痛の原因は昼ご飯の食べ過ぎなので風邪とは関係ない)友人がいたので運転をほぼすべて任せてしまい、その後ほっとした反動か無気力状態に。実は去年も4月に体の調子がおかしくなっていたので不調は季節ものなのかもしれない。せっかく気持ちも上向きにならない珍しい状態なので、飯能の天覧山に行ってきた。実はアトリエに行きたいのにどうしても行けず、終点がそこだったからなのだけど。普通の靴で行ったので足の裏には優しくないが、十六羅漢を見たり体を動かして山の頂上でパンを食べたりお茶を飲んだりした。不思議だけれど確実に体調が整っていくのを感じた。2018/04/19

© 2018 Matsuo Honami